シニアなオペレーター、小金持ちを目指す。

コールセンターで働きながら、ポイ活とFXで小金持ちを目指すブログです。

スマホのメリット・デメリット(スマホを持とう②):ポイ活準備編

 

スマホとアプリ

スマホっていろんなことができますよね

 

 

さて、①に続いて、今度はスマホのメリット・デメリットを検証してみましょう。

 

メリット:ポイ活ができる、SNSができる、情報共有が容易である、情報検索も簡単

 

このブログのテーマはポイ活なので、まずそのことから。

 

1.スマホはポイ活の最強ツール

 

スマホからでないとできないポイ活もあるくらい、スマホとポイ活の相性はぴったりです。

 

ちょっと考えても、楽天系のポイントアプリ、お買い物アプリ、ポイントサイトのアプリに、アンケートサイトのアプリ

 

  • おうちのご飯に飽きて外食したいけど、コロナであまり外に出たくない、というときは、ポイントサイトからデリバリーを注文してポイントゲット。
  • 自粛をやめて通勤が始まったなら、通勤電車の中で楽天ポイントのアプリとアンケートのアプリを毎日のルーティンとしてポチポチ。
  • お買い物の前には、自分の買い物リストとお買い物アプリを見比べて、登録してからの購入でポイントゲット。
  • それに、これは有料ですが、JALの歩数計アプリは、毎日6,000歩以上歩くだけでマイルがサクサク貯まる、健康によくて楽し嬉しのアプリです。

 

2.withコロナの社会では、スマホは重要なコミュニケーションツール

 

SNSというと、事件でニュースになるたびに、悪いイメージを抱かれてしまうかもしれないのですが、with コロナの社会では、家族や友達とのやり取りには欠かせないものになってしまいました。

 

ずっとガラケーだった保守的なうちの夫も、家族LINEで置いて行かれることを恐れて、数年前にiPhoneを購入して利用しています。回線は保守的にドコモですし、使いこなせてはいないですけど。

 

でもこの夏は、LINEのビデオ通話で、東京に住む末娘とおしゃべりし、元気そうだと安心していました。今年のお盆は帰省をあきらめたので、顔を見られなかったのです。

 

私自身も、Zoomという会議アプリで、会えない歌仲間とおしゃべりしました。同じ市内に住んでいるのに。

 

仕事でも、夫は現場にいる社員とビデオ通話をすることで、遠くにいながら現場の様子を見ることができています。LINEで現場写真のやり取りもしています。もうスマホのなかったころには戻れません。   

メッセージのやり取り画面

メッセージのやり取り

3.スマホだと、簡単に情報共有できる

 

スマホでの情報共有の例をざっと考えてみても、

  • 自分が取った写真や動画を、グループの中で共有できる
  • 動画やホームページのリンクを送って情報を共有できる
  • スケジュールやイベントの管理と共有

といったことが思い浮かびます。

 

<写真や動画の共有>

 

写真や動画を撮ったら、「みんな見て見て!」とグループSNSに投稿すると、グループの人みんなにすぐ見てもらうことができます。

 

イベントの際に撮ったスナップなどは、SNSの中でアルバムを作ると、撮った人たちそれぞれが写真を追加していくことができるので、昔のようにプリントして配る必要がありません。

 

それぞれのメンバーがアルバムを見て、自分が残しておきたい写真だけを保存すればよいのです。必要であれば自分で印刷も可能。

 

<リンクの共有が瞬時にできる>

 

商品・地図・お店等の情報を共有することも簡単にできますよね。

 

「今日はドトールで待ち合わせしよ!」

「ドトールにもいろいろあるよ。どこのドトール?」

「今送るね!」 

 

という、よくあるSNSのやり取りで送られてくるのは、地図だったり、カフェのホームページへのリンクだったりします。リンクというのはこんな感じです。

 

店舗情報

お店の地図をLINEで共有


タップ(軽くたたく)するとすぐ情報が見られて便利。これなら、待ち合わせ場所を間違える心配もありません。

 

<動画(ユーチューブなど)の共有も!>

 

歌のグループに入っていると、次にレッスンする曲の原曲を、動画で見るように送信されてくることがよくあります。

 

以前は音声ファイルをメールに添付して送られてきたのですが、それだと送る方も大変だし、受け取った方も画像を見ることができないので、振り付けの共有が難しかった。

 

でも今では全員スマホ持ちになったので、連絡はすべてLINE。こんな風に動画へのリンクが送られてきます。 

 

ユーチューブ動画へのリンク画面:LINE

LINEで共有されたユーチューブ動画へのリンク

この吹出しをタップすると、歌詞つきで見ることができます。振り付け動画のこともありますよ。便利でしょ!

 

<スケジュールやイベント情報の共有と管理>

 

LINEには「LINEスケジュール」という機能があって、グループ内でイベントの日程調整や、出欠の管理ができます。これはすごーく助かりますよ!

 

schedule.line.me

 

4.スマホなら検索が簡単で手軽!

 

情報検索もスマホでちょいちょいっとできます。

 

私がよく使うのは、迷惑電話の検索。

知らない電話番号から着信があったときに、その番号をコピーして検索窓に貼り付けるだけで、たくさんの人が情報を寄せているWebサイトで、どこの電話番号なのかわかることがあります。

 

「リサイクル業者の勧誘電話です」とか「投資の勧誘です」とか。

 

その情報がわかれば、迷惑電話に登録して着信拒否できます。

 

逆に何も情報がなければ、個人の電話番号かもしれないので、次回の着信を待つこともできます。

 

また、QRコードで「ここから登録お願いします」と言われることがよくあります。

スマホでQRコードを読み取れば登録が簡単だし、情報にもすぐアクセスできますよ!

 

また観光地で、観光ポイントごとにQRコードを設置して、「アクセスしてこのポイントについての詳しい説明をご覧ください」なんて書いてあるのを見たことがありませんか?

 

5.その他の便利な使い道

 

そのほかの使い道として、私は歌のレッスンのときに録音機として使ったり、電子書籍を読むのに使ったり、さらには銀行口座とかクレジットカードの管理などに使っています。

 

手元で振り込めるのは便利。

 

クレジットカード明細も確認できるし・・・そして、スマホ決済(私は主にPayPay)も!

 

でもスマホのセキュリティに疑念をお持ちの方は、こういう種類のメリットには興味がないと思います。

 

昔、シャープの最先端(笑)情報端末「ザウルス」を使っていた身からすると、夢のような端末ではあるのですが・・・ザウルスについてはこちらをご覧ください。

 

おまけ1:世に出るのが早すぎた残念すぎる電子端末・ザウルス

 

ザウルス - Wikipedia


ザウルスM1-C1

私が持っていたザウルスはこれ

92,400円?こんなに高くなかったような。確か50,000円くらいで買った。でもまだWi-Fiがないころで、インターネットにつなぐには携帯(or PHS)と有線接続しなくてはならず、不便でした・・・って、どうでもいい話でした!

 

 

さて、ではデメリットを検証しましょう。

 

デメリット:料金が高い、使い方がわからない、電話が使いにくい、セキュリティが心配、プランが複雑、など

 

残念ながら、こちらも挙げればきりがない。

 

1.料金が高い

 

いわゆる三大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の料金は確かに高いです。今では本体の値引きが少なくなったため、特に高く感じます。

 

2019年9月までは、本体を購入する時、料金負担を少なくするため、キャリアが独自に大幅値引きを行っていました。値引き分は24回に分けて、月々の料金からマイナスされていました。

 

しかし総務省の指導により、現在は本体の大幅値引きができなくなったので、本体代金が高額な負担として携帯料金にのしかかってきています。

 

月々の負担を少しでも軽減しようと、今では36回払い、48回払いというものもあるくらいです。

 

そもそもスマホが高すぎるというのもありますが。最新機種だと、100,000円を超えるものもありますよね。

 

また以前は、特に節約にはならないのですが、本体を最初に一括払いするという方法がありました。

 

2年間の総支払い額が減るわけではないのですが、一括払いしても、毎月、本体割引(「月割」「月々割」「月額割引」「月々サポート」などという名称がついています)が適用されるので、その後の月々の料金が非常に安く感じられたのです。今ではそれがなくなりました(涙)。

 

ワイモバイルやUQモバイルという、安さを売りにしている大手のサブブランドでさえ、本体値引きが使えなくなったので、以前ほどお得感がなくなってしまっています。

 

通信料金、もっと安くならないのでしょうか。最初の1年だけ値引きするというやり方も、変わってほしいですね。⇒2021/2から、最初から料金が変わらないプランに変更されています。料金もお得になっています!

 

senior-poikatsu.com

 

 

 

ただしPHSをお使いの方は、下記の「おまけ2」で、本体が0円で買えるかもです!

⇒ このキャンペーンは、2021/3/31までだそうです。

おまけ2:PHSは来年1月を過ぎると自動的に解約になる ところで、「メールと電話しか使わないから、スマホはいらない、ずっと使っているPHSで十分」「安いからPHSでいい」といっている皆様、PHSは2021年1月でサービスが終了したそうです。

PHSのサービス終了のご案内|安心してご利用いただくために|サポート|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

 

PHSの人は、ワイモバイルならお得に契約切り替えができるようなので、相談してみるとよいと思います。0円端末があったり、1,000円かかる話し放題のオプションが無料になる(2/17で終了)という話です。月々の支払いはPHSより高くなりますが、この機会に切り替えてはいかがでしょうか。

 

  

2.初心者は使い方がわからない

 

ソフトバンクからiPhoneが発売された当初の、比較的単純な構成だったものと比べて、今のスマホはアプリが山ほどあるうえ、とーっっても使い方が複雑になりました。

 

用語も何が何だかわからない。

アプリって何?ギガバイトってなに?容量って何さ?

どうやって電話をかけるの?どうやって電話を切るの?

画面が真っ黒になった!さっきまで見えていた画面がどっかいっちゃった!

どうして遅くなったの?メールをどうやって見ればいいの?

あーっ面倒!元のガラケーに戻りたい・・・

 

シニアのスマホあるある?でしょうか。

 

でも、最初はどうしたらいいかわからないかもしれませんが、使っているうちに慣れます。

というより、どんどん使うしかないです。結構なんでもできるので、使ってみましょう。

 

携帯ショップで本体も一緒に契約すると、設定や使い方については携帯各社のサポートが受けられますし、場合によってはショップで初期設定もしてくれるでしょう。

追加料金を払うと、代わりに遠隔操作してくれるサービスもあります。

最初のうちだけ、そういうサービスを利用するというのもありですよ。

 

3.電話のかけ方・切り方がわからない

 

電話をかけるときは、電話帳から選んでタップするのでなんとかなるのですが、切るときになると、いつのまにかボタンが見えなくなっていてわからなくなる、というのが定番のようです。(シニア向けスマホでは、専用ボタンがあるものもある)

少なくとも私が受ける電話では、シニアの方はかなりの確率で電話を切ることができず、こちらから切電を申し出ることになります。

 

終話したので、お客様が電話を切るのを待つが、しばらく待っても「通話中」のサインが消えない。

:「お客様、お電話がまだつながっているようですが、こちらからお切りしましょうか?」

お客様:「あー、ごめんなさい、切り方がわからなくて。そっちで切ってもらえる?」

:「かしこまりました。それではこちらから失礼させていただきます。本日はお忙しい中、お電話ありがとうございました。」

ピッ(私が切電ボタンを押した音) 

 

というやり取りが1日に数回繰り返されます。

 

これならまだいい方で、スマホに不慣れな人同士で通話をした場合、どちらも相手が電話を切ってくれると思って、そのままにしておくことがあるようです。

 

画面が暗くなるので、切れたと思ってしまうのかも。

 

でもその場合、ずっと通話中になるので、「かけ放題」にしていないと、高額の電話代がかかってしまいますのでご注意を。これもシニアスマホあるあるです。

 

4.セキュリティが心配

 

これはわかります。特にWi-Fiが心配。ホテルやレストランなどのWi-Fiは不安なので、私はできるだけ利用しないようにしています。

 

ホテルでパソコンを使うときは、予備の格安スマホでテザリングします。

 

テザリングというのは、スマホをポケットWi-Fiのように利用してインターネットに接続することです。

 

また、紛失した場合、中の情報をすべて見られてしまう危険性もあります。

 

悪用を避けるために、すぐコールセンターに電話して、使用停止にしてくださいね。

 

また、端末本体が信用できないという方もいらっしゃるでしょう。中国製端末を使うと、情報がすべて中国に送られるのではないか、とか。

 

もしかしたらそうかもしれません。でも今はあまり選択肢がない。日本メーカーの端末でも、中身は中国製のものがたくさん使われているでしょうし、避けようがない。

娘も私も、「中国に情報を抜かれるか、アメリカに抜かれるかの違いだけなんじゃないの?」とヤケクソに言っています。

私は今、iPhoneとHuaweiの両方を使っています。だって安かったから・・・

スマホ2台持ち

スマホ2台持ちしてます

5.プランが複雑すぎ!

 

確かに!私は今、ドコモのガラケータイプ携帯と、ワイモバイルのスマホと、UQモバイルのスマホを利用しています。そしてインターネット回線は、ドコモ光。

 

(わかる方は、「なんて損な使い方をしているんだ!」と思われるかも。でも格安スマホを使ってみたくて、ドコモではガラケーに機種変更しました)

 

2019年の10月から、もともと契約がある人間にとっては、三大キャリアはますますプランが複雑になったような気がします。

それに相変わらずサービス内容が手厚いことに驚きます。サブブランドとの差別化なのでしょうが・・・ 

 

UQとワイモバイルは、後発ですし、格安スマホなので、ある程度サービスの限定ができることから、わかりやすいプラン設定が可能なのだと考えられます。

少なくとも、Web上の料金シミュレーションは、この2社がわかりやすかったです。

 

6.本体価格の謎

 

店舗とオンラインショップでは、本体の価格が違うことがあります。

オンラインショップではアウトレットとして格安で販売されていても、ショップでは通常価格、ということがよくありますので、注意が必要です。

 

また、店舗では、本体価格に加えて、頭金が別途必要な場合があります。

 

こういった不思議な慣習がなくなってくれると、携帯電話価格の透明性が増して、キャリアの魅力も増すのに、と思うのは私だけでしょうか。

 

 

まとめ(とりあえず)

 

さて、スマホのメリット・デメリット、なんとなくわかっていただけましたか?

それでは、次はスマホの賢い買い方について書きますので、ご興味のある方はぜひお読みください。 

 

 

<小金持ちへの道をちょっと紹介 7>

 

CODE

CODE

こんなアプリです!

 

Cashbカタリナと同じくお買い物アプリです。

特定の商品を購入するとポイントがもらえるのではなく、なんでもいいので(と言っても主に食料品ですが)レシートとバーコードを登録すると、その商品がポイント付与される商品であればポイントがもらえるというしくみ。 

事前にチェックする必要がないので楽といえば楽です。

ポイントは直接Amazonギフト券等に交換することもできるし、カタリナのようにPeX経由で現金などに交換することもできます。

 

code.r-n-i.jp